らいりば

『リバイアサン』
解説:謎の怪物によって襲われる深海基地に従事する研究員たちの恐怖を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはローレンス&チャールズ・ゴードン、製作はルイジー&オーレリオ・デ・ラウレンティス、監督は「コブラ」のジョージ・P・コスマトス、脚本はデイヴィッド・ピープルスとジェブ・スチュアートの共同、撮影はアレックス・トムソン、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。出演はピーター・ウエラー、リチャード・クレンナほか。

あらすじ:近未来、フロリダ沖4800メートルの海底に建設された資源採掘基地。滞在期限の2日前、作業員2人がソ連の沈没船「リバイアサン」を発見する。中を調べた2人は1台の金庫を回収する。その中に入っていた年代物のウォッカを密かに隠し持ち、飲んだことで作業員たちの体に異変が起こり始める。
翌日ウォッカを飲んだ作業員の1人が苦痛を訴え、8時間後に死亡。遺体は人間とは思えぬ姿に変形していた。同じころウォッカを飲んだもう1人にも異変が起き始める。先に死亡した作業員の遺体を発見した彼女は、パニックを起こして自殺する。
残された作業員たちは2人の遺体を海底投棄しようとするが、その作業中1人が遺体に襲われ負傷する。
ウォッカと沈没船の記録映像を解析した作業員たちは、船内で何らかの生体実験が行われ、暴走した実験体を処理するために沈没させられたことを知る。その後、傷を負った作業員の変異と残っていた遺体の一部の成長により、基地は地獄絵図と化す。

らいtりば


この映画が公開された1980年代末、あのジェームズ・キャメロン監督が内なる宇宙である深海を舞台にした超大作映画『アビス』の制作を発表すると、その『アビス』の制作が難航している間に、他社が似た企画でササッと同じような映画を撮って、『アビス』より先に続けて公開された。ひとつがホラー風味の『ザ・デプス』で、もう一つが宇宙から深海へ舞台を変えた『エイリアン』の焼き直しみたいな超大作、『リバイアサン』でした。

まず、この映画の豪華キャストを先に紹介します。
海底の資源採掘基地のリーダー、ベックに『ロボコップ』のピーター・ウエラー。
基地のドクター、トンプソンに名優リチャード・クレンナ。
この映画のヒロイン、ウィリアムスに『サイゴン』のアマンダ・ペイズ。
明るいゲス野郎、シックスパックに、『ブルーサンダー』、『ホームアローン』のダニエル・スターン。
黒人アーニー・ハドソンと、知的なメキシカンにマイケル・カーマイン。
データ収集ならお任せのボーマンに、『ビバリーヒルズ・コップ』のリサ・アイルバッハー。
そして機関士コップに、『サブウェイ・パニック』、『プリティウーマン』のヘクター・エリゾンドが扮しており、地上から彼らに支持を出す女傑マーティンに、『ゼイリヴ』のメグ・フォスター。
この豪華キャストだけでこの物語は進み、そして一人ずつ姿を消していく。

冒頭、海底で銀を発掘する彼らの任務がいかに危険なのかが描かれる。
靴の先に針の先ほどの穴が空いただけでも、彼等は水圧で押しつぶされてしまう。
海底任務も残すところあと三日となった日、悪ふざけをして懲罰勤務に出されたウィリアムスとシックスパックは、海底でロシアの沈没船“リバイアサン”を見つける。
「どうやら魚雷で沈められたらしい」という船には謎が多く、残された名簿の乗組員が全員死亡した事が記されていた。危険を感じたベックとドクが帰還を会社に願うが、ハリケーン接近を理由に担当者マーティンに却下される。

そんな中、こっそりと持ち帰ったウォッカを飲んだシックスパックとボーマンの体調がおかしくなり、なんと遺伝子変異を起こして急死したシックスパックの変わり果てた死体を見て、悲観したボーマンまで自殺。
実はウォッカの中にはロシアが実験に使用していた生命体が含まれており、海底作業に強い人間を生み出す為に深海生物との遺伝子組み換えが行われたが、実験がモンスターを生み出した為に船ごと沈没させられていた。
襲った人間の知性までも取り込んで成長し続けるモンスターにより海底施設のバルブを破壊されたベックたちは、モンスターと戦いながら海底からの脱出を試みる・・・というお話。

傑作SFホラー『エイリアン』の焼き直しと言えばそうだし、同時期に公開された『ザ・デプス』とも内容が被る。しかし、私は似ているからと言って作品にマイナス要素を抱くのは間違いだと思っています。すべての映画はどこかの映画に似ているわけですから。
監督のジョージ・P・コスマトスに音楽はジェリー・ゴールドスミスと言えば、あの名作映画『カサンドラ・クロス』のコンビですからね。
今回再見してみて、あらためて面白いなと思いましたよ。

[1989年5月17日、『リバイアサン』、梅田東映パラスにて鑑賞]


リバイアサンkoukoku

関西版新聞広告です。
この映画、私は封切り時の1989年5月に観てるんですが、記録を見れば、梅田東映パラスで『リバイアサン』を観た後、梅田グランドへ移動して映画『乙女座殺人事件』にハシゴしてますわ。